長崎の住まいや暮らしの情報交流|セキスイハイム九州(株)長崎支店-長崎ここちい日和



夫が野菜を買ってきてくれました。
「見てこれ!カボチャだって!」
と言って見せてくれたのが、このひょうたんのような不思議な野菜heart
カボチャ
まあ、どことなくカボチャのような柄、が、見えなくもないけど。
「カボチャです」とお店の人に言われたんだから、本当でしょう。
まず、ヒョウタンとしても見たことがない巨大サイズですエクステンション
皮はスベスベ、中はちょっと黄色で薄めの味なんです。
冬瓜なども、話には聞いていたけれど、九州へ来るまでは、実際に食べたことがありませんでした。
何と何の、中間みたいな・・・・・とは言い難い絶対的な存在感が、それぞれの野菜にある事に、改めて驚きました。

そういえばこういう事もありました。
アメリカ旅行をした時も、「ビーツ」や「スクワッシュ」など、日本には無いよね!?という野菜に出会いました。
ビーツは日本では「テンサイ」と言い、形はカブのよう。でも日本では、紫色は、あまり見かけないと思います。
ビーツは色もきれいなので、お土産に、缶詰めで買ってきました。
スクワッシュは、バナナみたいな味の、ズッキーニのような形でした♪
カボチャ

作っている農家の方々は、これらの違いに詳しくておられるのでしょうが、私にはまだ知らない事ばかり。神様は一体、いくつの野菜を、私たちに与えて下さるおつもりなんだろう?
ついつい感動してしまいますちゅん
平凡な日常生活からも、驚きや感動がある事を、ありがたいと思わされます。

【タミー】 本
2014.11.17 Monday(10:46) おうち時間 comments(0)

コメント



いつでもお気軽にコメントください♪