長崎の住まいや暮らしの情報交流|セキスイハイム九州(株)長崎支店-長崎ここちい日和



長崎市の湊公園のところで、ふと見上げた時、
「あっ、街灯がかっこいい!」と思いました。
中華街の街灯
いつ変わったんでしょうか。気付かなかったな〜。
中華街の中も、全てこのランタン型になっていました。

【パセリ】花
2019.10.21 Monday(09:37) おうち時間 comments(0)
復活 桃山
惜しまれつつ閉店した おそば屋さんですが、なんと営業を再開されていました。
たまたま通った時、「営業中」という文字に驚きました。
ちょっと迷いましたが、予定を変え、のれんをくぐりました。

先代の息子さんかな?と思いましたが、お聞きすると、お知り合いの方とのこと。
ほんの少し前にオープンされたそうですが、まだ、修行中のため、
メニューはざるそばや親子丼など数点に限られていました。

長崎で古くから営業されてきたお店が後継者問題などで
閉店されることもよく耳にするようになりましたので、
桃山さんの復活はとても嬉しいですね。

【パセリ】花
2019.10.15 Tuesday(17:26) 行ってきました comments(0)
長崎くんち お下り
長崎くんち お下り
友人から興善町付近で見るのも壮観だよ、と教えてもらい、初めて見てきました。
本当にテレビニュースでちょっと見るだけとは大違いでした。

ふと見上げた時、交通情報の電光掲示板が見えました。
長崎くんち お下り
今年は「龍おどり」がありますが、毎年このイラスト?なのでしょうか?
交通規制担当の方々もお疲れさまでした。

【パセリ】花
2019.10.08 Tuesday(09:42) 行ってきました comments(0)
玉園町の庭見世へ
NBCの番組で、昔、長崎に「迎陽亭(こうようてい)」という料亭があったことを知りました。
テレビ画面で見たその場所は、数年前に通った時、ここはいったい何? と思ったところでした。

その迎陽亭跡で庭見世が行われると知り、興味深々で行ってきました。
通りすがりで気付くのは石の門柱、これが気になっていました。
玉園町の庭見世へ
説明担当の方にお尋ねすると、「唐船」の文字が分かるとおり、元々は大波止付近の海沿いに、唐の船をつなぎ止めるために使われた物。
当然、門柱の高さの下の方は地中に埋められていたとのことでした。
玉園町の庭見世へ
玉園町の庭見世へ
拝見したお庭は手入れされていて、とてもきれいでしたが、昔はもっと敷地も建物も広く大きかったそうです。

玉園町の庭見世は歴史文化博物館でも行われていて、華々しくにぎやかでした。
玉園町の庭見世へ
ザクロ:お座敷に飾ってありました
玉園町の庭見世へ
ホテイアオイの花

【パセリ】花
2019.10.04 Friday(14:05) おうち時間 comments(0)
桃カステラの万月堂
最近はアミュプラザに出店されることもありますが、満を持して新しいお店がオープンしました。
桃カステラの万月堂
ここのファンが多いのは、やはり桃カステラのきめの細かさ、だと思います。
それは食感に表れますから。
愛宕の本店と同じく、桃カステラだけでなく、生菓子やロールケーキ、焼き菓子など、ショーケースにはたくさんのお菓子が並んでいました。
桃カステラの万月堂
富有柿とかぼちゃのプリン
万月堂
場所は、鍛冶屋町通りのリンガーハットがある角からまっすぐ進んだところです。
この通りには、平野、しっぽくの浜勝、ミシュランの★が付いたお店などなどありますが、
そこを通り過ぎ、八坂神社の鳥居が見えてくるところの左手に万月堂さんがあります。

【パセリ】花
2019.10.03 Thursday(12:58) 行ってきました comments(0)